WORKOUT 筋トレ

だるい 忙しい 時間がない ジムで筋トレができない日が続いた時の対処法

あれー!?なんか…筋肉小さくなったかも!!??

ジムに行けない日が続くと、心配になりませんか?(心配にならない人には不向きなお話)

今回は、そんな時の「メンタルケア」「工夫の仕方」についてお話します。

自分は、3日がデッドラインです。4日間筋トレができないと泣きそうになります。

男性
男性
なりません
あらにん
あらにん
なります

4日間空くことは、年間で数回しかありませんが…その数回が連続して訪れるんですよね。

そういう期間は、筋トレの目的である筋肥大を諦めます。(目的が別はそれを諦める)

もちろんですが、ただ諦める訳ではなく、筋肥大以外でテーマに切り替えます。

メンタルケアから詳しくお話していきます。

追記 2018/9/6

ここから先…どんなに読み返しても、どんどん言っている意味が分からなくなるw

修正の余地もないほど…超クソ記事確定です!

マジで見る価値ありません!(でも、残しておきたい!)

男性
男性
俺は見るぜ!
あらにん
あらにん
神!!!!!

メンタルケア

だるい…
忙しい…
時間がない…
眠い…

けど…………ジムに行かなくちゃ!!(筋レしなくちゃ)

こんな風に悩んでいる方は、すっかり筋トレにハマっている方で、「行くストレス」と「行けないストレス」どちらも抱えています。

こういう人のケアは簡単で、ジムに行く(筋トレをする)ことで解決します。

ハマっている方ならわかるはず!理由をあえて言う必要もないでしょう。

物理的に行けない人

  1. それでもジムに行く
  2. ジムへ行ける環境を整える
  3. 自宅でトレーニングする

自分ならこの順番で行動してみます。

ガチで行きたくない人

これは悩む必要がありません。

行かなくてOKです!

普段の目的以外の別テーマに切り替える

自分の経験を例に挙げます。

普段は、筋肥大のことしか考えていませんが、中々ジムへ行けない期間などは、あえて筋肉肥大を捨て、別のテーマを持ってトレーニングをします。

普段とは違い「1時間以内に帰る」「MAXの更新を目指す」「体重を増やす」をテーマにします。

忙しいから、1時間以内に帰る

普段、2時間以上トレーニングしますが、こういう期間は1時間以内に限定します。

短時間なので集中できますし、トレーニングの内容は当然変わるので、いつもと違った刺激が入ります。

刺激が普段とは変わるので、結果的に筋肥大に良かったりもします。

時間がないから、高重量の低レップ

つまり、MAXの更新です。

こういう時にしか、MAXの更新は考えません。

普段はやらない、「1~5レップを1種目」「パンプ種目を数種類」で終わらせます。

筋肉量を減らさないように、体重を増やす

思うようにトレーニングができない期間は、多少オーバーカロリーになるように食事を摂ります。

こういう期間に食べないと、みるみる内に筋肉量が減っていきます。

あくまでも、ひとつの例

あらにん
あらにん
上記は、あくあでも自分の例

皆さんは、自分に合ったものを考えてみてください。

自宅でもトレーニングする

普段、自宅ではトレーニングをしませんが、ジムに行けない日が続くと、腹筋をやりはじめます。

アブローラーは色々と出てきますが、持つ部分の素材がプラスチック。車輪の幅が広い、又は二輪のモノが安定するので、初心者さんにはオススメします。
慣れている人は逆に車輪の幅が狭い方が、安定性が悪くなるので多少負荷が強くなります。
値段で品質にそこまでの差はないので、安いモノをオススメします!

あらにん
あらにん
普段は、腹筋やらないのに不思議

しかし、気休め程度ですね。

筋トレよりも大切なことがあると割り切る

結局、筋トレが一番大切であれば、どんなに忙しくても筋トレするんですよね。

それができないってことは、筋トレよりも大切なことができた。

そういう時は、それを優先すればいいと思います。

1ヶ月ぐらいできなくても、2ヶ月も通えば元に戻りますから!

あらにん
あらにん
へーきへーき

最後に

まとめ
  • 行けないストレスがあるなら、とりあえずジムに行ってみる!
  • 普段とは違うことを考えてみる
  • 普段とは違うメニューでやってみる
  • 前向きに考えればなんとかなる!

過去に何度か、ジムに行けない期間がありましたが、筋肉量の減少はありませんでした。(InBodyで測定)

MAXの更新もできました。

「普段のことができない!」こんな風にマイナスに考えるのではなく、

「普段できないことができる!」とプラスに考えられると最高です!