WORKOUT 筋トレ

誰も言わないサイドレイズのコツ『サムレス』でやるべし!2割増しで入る!

小指は外せ!

普段、サイドレイズの際にダンベルの握り方を意識していますか?

今回は、サイドレイズをサムレスグリップでやった方がイイ理由をお話します。

男性
男性
確かにサイドレイズでサムレス?
この手の話は聞かないな

そもそも、サムレスグリップはご存知ですか?

筋トレ初心者さんであれば知らない人もいると思いますが、中級者さん以上であれば、必ず知っているでしょう。

サムレスグリップとは?
ダンベル・バーベルを握る際、親指を巻き込まない握り方のこと。

逆に、親指を巻き込む握り方を、サムアラウンドグリップと言います。

あらにん
あらにん
握り方は他にもあるが、今回は割愛

握りによる違いなど、詳しくお話していきます。

サムアラウンドグリップの特徴

最初にサムレスの逆にあたる、サムアラウンドグリップの特徴からお話します。

親指を巻きつける握りで、普段ペットボトルなどのモノを掴む時の握り。(稀に違う人もいる)

筋トレでは、体の前部(大胸筋・上腕二頭筋など)を鍛える時に有効。
主に「押す」動作で使う。

多くの人は、自然とサムアラウンドグリップになりますので、体の前部を鍛える時はあまり気にする必要がありません。

サムレスグリップの特徴

親指を巻きつけない握りで、普段中々使いません。

稀に自然とサムレスグリップになる人がいますが、体の前部を鍛える時もサムレスでやっている可能性があります。

筋トレでは、体の後部(広背筋・上腕三頭筋など)を鍛える時に有効。
主に「引く」動作で使う。

背中の種目をサムアラウンド(親指を巻きつけて)で行っている人の多くは筋トレ初心者さんで、早くサムレスでやるようにしてください。

サムアラウンドの場合、前腕の力ばかりを使うことになり、背中の筋肉を使えません。

背中への負荷は3~4割減になり、めちゃくちゃ効率が悪いです。

あえて、サムアラウンドでやる場合もありますが、初心者さんにその必要はありません。

サイドレイズで鍛える筋肉は体の裏ってこと?

肩の筋肉は三角筋と呼び、「フロント」「サイド」「リア」の3つに分かれています。

これまで通りの話…

フロントレイズは「サムアラウンド」

リアレイズは「サムレスグリップ」

が有効で、同じ種目でも握り方を変えることで効果に違いが出てきます。

男性
男性
じゃーサイドレイズは?
あらにん
あらにん
そうなんです!

 

サイドはリアとして考えてください。

 

サイドは、数少ない体の側部の筋肉で、考え方が難しく、賛否あります。

 

しかし、自分は自信を持って、サムレスグリップを強く推します!

 

ちなみに、「フロント寄りのサイド」など細かく考えるレベルになると話は変わってきます。

高重量のダンベルやバーベルでは難しいですが、スミスやマシンのショルダープレスの時もサムレス、サムアラウンドを意識してトレーニングしています。

サムレスで、小指側からあげるイメージで押すと刺激がサイドやリアに流れる感覚があります。

サイドレイズやリアレイズにもアイテムを使おう!

男性
男性
アイテム?
あらにん
あらにん
パワーグリップやリストラップのこと!

かる~い重量の場合、使う必要はありませんが、2キロぐらいからは使うべきと考えています。

自分は状況で異なりますが、12キロで使わない時もあれば、3キロで使う時もあります。

14キロ以上は絶対に使います。(なければやらない)

初心者さんは、パワーグリップやリストストラップ使うべきか?

絶対に使うべき!!

男性
男性
俺は初心者だからパワーグリップとか必要ない。
女性
女性
私は女性だしリストストラップとか使わないわ。
あらにん
あらにん
初心者ほど使え!
これはガチのマジのゴリ!
他の部位の時にも使えるし!

パワーグリップの特徴

  • 値段:2~10000円
  • 品質:×~◎
  • 使いやすさ:〇~◎

値段:2~10000円

メーカーにもよりますが、値段は高めです。

購入するならそれなりのブランドの6~8000円クラスの商品をオススメします。

理由は…

品質:×~◎

品質や使いやすさが段違いで、使い方にもよるが良いモノなら2、3年は平気で壊れません。

逆に、安いモノは品質が悪い印象、最悪の場合…数回で壊れるなどの噂も聞きます。

一番有名なパワーグリップと言っても過言ではありません。値段は高めですが、品質・機能などの面でド安定!
ノーマルとプロの2種類ありますが、確実にプロをオススメします。どちらも使いましたが、使いやすさと品質が段違いです!
男性であれば「M」、女性であれあば「S」サイズをオススメします。「L」サイズは相当手首が太くない限りブカブカになります。

安さ重視ならこれ!正直使ったことがありませんが、レビューを見る限り大丈夫そうです。

使いやすさ:〇~◎

主に背中のトレーニング時に使いますが、サイドレイズ・リアレイズの時にも役立ちます。

狙った部位へ効かせやすくなりますので、効率のよいトレーニングが可能です。

最大の特徴は、初心者さんでも扱いやすく、スムーズにトレーニングすることが可能です。

今回の本題である、レイズ系の場合はパワーグリップの方が圧倒的にやりやすいです。

リストラップの特徴

  • 値段:1000円前後
  • 品質:〇
  • 使いやすさ:△

値段:1000円前後
品質:〇

リストラップはパワーグリップと違い、値段の差がほとんどありません。

品質や使いやすさにも、ほとんど差がないのが特徴です。

※「リストラップ」と「リストストラップ」は違う。今回はリストストラップの紹介。

使いやすさ:△

デメリットが一つある…初心者さんはスムーズにトレーニングをすること難しい。

慣れてしまえば難しくはなくなるが、やはりパワーグリップに比べて、スムーズなトレーニングは難しい。

種目によってはリストラップの方が向いていることも充分あるが、今回の本題であるレイズ系には正直不向きで使いにくいです。

ただ…パワーグリップとの値段差が、かなりあるのと、他の部位のことも考えると、リストラップを初心者さんにはオススメします。

最後に

まとめ
  • サムレスグリップとは、親指を巻き込まない握り方
  • 体の後ろを鍛える時に有効
  • サイド(体の側部)・リア(後ろ)として考える
  • つまり、サイド・リアはサムレスグリップでトレーニングする
  • パワーグリップやリストラップは初心者さんこそ使うべき

以上!

誰も言わないサイドレイズのコツでした!

男性
男性
試してみよ